学生専用ライフカードと社会人用カードの違いとは?卒業後が気になる。

MENU

学生専用ライフカードと社会人用カードの違いとは?卒業後が気になる。

学生専用ライフカードと社会人用カードの違いとは?卒業後が気になる。

ライフカードは消費者金融アイフルの傘下にある信販会社で国際ブランドのVISA、MasterCard、JCBのクレジットカードを発行しています。
ライフカードが発行するクレジットカードの種類はそれぞれのユーザーのニーズに合わせたものが用意されていますが、特徴的なものとして学生専用ライフカードがあります。

 

学生専用ライフカードは文字通り大学生、大学院、短期大学、専門学校に在籍している学生を対象にしたクレジットカードのことです。
加入年齢も18歳以上25歳以下となっており、未成年でも親権者の同意があれば加入することができます。
学生専用ライフカードのメリットとしては、学生を対象としているので、そのほかのクレジットカードに比べて審査基準が学生に対してはゆるやかで加入しやすいメリットがあります。

 

ただしデメリットとしては社会人用カードに比べて、利用制限が厳しいことです。
カードの総利用枠は5万円から30万円となっており、ショッピングとキャッシングの両方で30万円分までしか利用できません。
またキャッシング枠は10万円までに制限されています。このため学生専用ライフカードは小口決済用のクレジットカードとなっています。

 

一方で、学生専用ライフカードは学生が対象ですが、これはあくまでも加入資格であり、卒業後も継続して使うことができます。
しかし、多くの場合には卒業後に社会人用カードに切り替えるのが一般的です。
また卒業後にはライフカードから社会人用カードへの切り替え案内が来るのでそれに沿って行なえばスムーズに新しいカードに切り替えることができます。